manatsu-no-yoru-no-yume.

S.S.O.L.

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
hsbs
最近ニュージャズとかごく一部のメタル、エレクトロニカみたいのばっかり
聴いてたんですけど、
昨日の夜から今日にかけてギターが主体のオルタナ(古い表現)を
ひさびさ~に聴いてみたら

これがいいんだなぁ~。


レッチリ、初期レディオヘッド、PJハーヴェイ。

今、ボウイ様(BOOWYではない)を聴いてます。

いいね~。


やっぱ一番好きなジャンル聴かれたらこの「オルタナ」的なジャンルなんだろうな。

でも、今「オルタナ」っていうと、人によってぜんぜん解釈が違うからね。
私にとってのオルタナってニルヴァーナが中心にないんだ、なぜか。
やっぱ、レッチリが中心にあるらしい。


今月のミュージックマガジンの特集は
「今、一番おもしろいロック!」でした。

ほかの雑誌がこぞってレディオヘッド特集を組んでいる中、
あえてレディオヘッドだけにしぼらずにロックという大枠で攻めてくるあたり、
ミュージックマガジンらしくて脱帽。


こんなことを敢えて書くと、何をいまさら、と思う人がいると思うんだけど、
ミュージックマガジンってすごく秀逸な雑誌だと思うんです。

というのも、ロックという枠組みにとらわれず、
「ミュージック」っていう枠でしっかり評論しているから。
いいものを紹介していく中で、それが「なぜ」いいのかをしっかり分析して
読者に納得いかせるような記事を書いているから。

インタビューに紙面を任せてしまうのではなく、雑誌全体の主張みたいのが
垣間見れて、読み応えがある。
買って損することはあまりないんじゃないだろうか。

最近、音楽をどういったメディアによってキャッチしたらいいのか、
途方にくれている人は多いと思う。
マイスペを探すにしても、何かきっかけ、手がかりがなければ探せない。
広大なウェブからいいものを探し出すのはかなり難しい。

それをサポートしてくれるのが音楽雑誌の役目だと思う。

わかりやすいレビューと、できるだけ詳細なアーティストの基本情報。
文字だけで、その音楽の雰囲気、アーティストのやっていることが
あらかた理解できる。

そういう雑誌がほしい。


私も、一時はどの雑誌から新しい音楽情報を得ようか迷ったことが何度もある。
今も試行錯誤中だ。

今のところ、一番いいと思える音楽雑誌はミュージックマガジンかな、と勝手に思っている。
ほかにいい雑誌、あるかな。


うえぇwwなんかまじめな記事になってしまったw
まじめなようで、超当たり前なことしか書いてない、月並みなブログ、
それが私のブログです。(笑)
スポンサーサイト
| 音楽 | 15:29 | トラックバック:0 | コメント:2
キタコレ
20080129151033
スッカスカにしてやんよ!!!!!

今日のおやつ決定ー!!!!!

ブルァアアアー!!!
| 日記 | 15:10 | トラックバック:0 | コメント:0
消しゴム
ついに、

大学受験のころからのお供だった消しゴムくんが行方をくらましました。
現在、机の上には新しいお供モノケシくんがいます。世代交代か…。

寂しい。

よし、これからレポートやってやんよ!(^O^)
| 日記 | 11:36 | トラックバック:0 | コメント:0
うぇえwwうえw
テスト無理です。やるきないやつはほぼ無勉(^O^)
専門とか興味あるやつは真面目にやりたいんだけどなぁなんかそれ以外は疎かになるなあ(・…・)
専門になると真面目になりすぎて逆に手をつけられない罠。んー袋小路。ゆる人文になってはあかん。とりあえずパソコンに向かうとしよう。明日はスカシカシパンの日だし、なまけてちゃスカシカシパンマンに肘鉄くらうよね。
| 日記 | 14:29 | トラックバック:0 | コメント:0
Bjork+Colors
bjorkcolor.jpg


ArtRage2でマウスで描いた。
トレース機能があるので、模写がらくらく。色の質感が豊富なのが楽しい。
| | 09:27 | トラックバック:0 | コメント:0
映画見に行きたい。漫画買いたい。
自分がたった今もしくは過去にした行動についての理由を
問われると、答えに窮することってありませんか?

たぶん、そういう理由も脈絡も無い行動が衝動なんでしょうね。

たまにはそういう衝動的な音楽もやってみたい。
今日のバンド練習は結構衝動的な部分があったと思う。

アドリブとかでたけど、今もっかい同じ事やれって言われたら多分できないから。



日曜日にさ、大胆MAPっていう番組、あったじゃない。

声優が出るよ!っていう。

あれに、きっとわかもと様がご出演なさるだろうと大期待していたのに

ランクインさえしていませんでした。

あー。なんてこったい。信じられねぇぜ。アナゴもティーバッグもセルも泣いちゃうよ。

ま、堀川さんが見れたからぜんぜんおなかいっぱいだけどね!


そうそう、もう少しでローソンがワンピース一色に染まります。
なんか映画のキャンペーンらしいです。

最近のワンピースはおかしいです。(可笑しい、ではない)
昔の感動エピソードをもう一度映画版としてリメイクしているの
ですが、
あきらかにおかしいのが、その感動エピソードを連載していた時に
登場していなかった仲間(ロビンとか)が普通にいるんです。

おかしい。

おかしいだろ。

フランキーがいるなんておかしいだろ、まだ水の都にも行ってないのに。


んー、アニメの世界もなかなか、商業的で安直になってきているなぁ。



29日はスカシカシパン!スカシカシパン!われらがスカシカシパンマン!

それにしても、ふたたび少年漫画熱が再燃しそう。やばいぜ。これは。
WRYYYYY
| 脳内 | 01:43 | トラックバック:0 | コメント:0
earth
現在公開中の映画、earthを見てきました。公式サイト←たくさん画像が載ってるので観る事をおすすめ

この映画は、現在の地球の様子を北極から赤道付近までを中心に撮影した
いわゆる環境系ドキュメンタリー。

最近、テレビ番組でも地球の今が危ないというメッセージをこめた自然やエコといった
事柄をまとめたドキュメンタリーなど流行っていますが、

この作品は映画です。地上波で見られる放送とはどう違うのか、気になってみてみました。


全体を通して感じたのは、

「美しい」

ということでした。

とにかく、最新鋭の映像技術を駆使しただけあって、綺麗なのはもちろん、
映す対象との距離が近く、本当に自分が地球を旅しているかのような
錯覚をおこします。

また、動物たちの生命の営みを渡辺謙の解説付きで実況。
そのナレーションでは、謙さんが動物たちの気持ちを代弁するなど、
動物たちを擬人化している。
人間のような行動を見せるサル。
わが子を守ろうとする象。

そういった感情移入しやすい「ドラマ」が、このドキュメンタリーのなかで構成されている。
そのため、観ている者を飽きさせない。
動物たちが、我々人間と同じように苦労し、喜び、生きているかのように見えるからだ。


以下、ネタばれあり。
[earth]の続きを読む
| 映画 | 00:28 | トラックバック:0 | コメント:0
よーわからんな
自信持って作った。

そういうものにダメだしされるのはやっぱり辛いね。

特に、
それが自分の好きなものであればなおさら。

アドバイスを素直に受け止めればいいのに、
なんか妙なプライドを持つから、

ズタズタにされたよーな気持ちになって

あたしが今までやってきたことはなんだったのか?

というレベルにまで行ってしまう。

そんで落ち込み&憤慨。

たかが授業じゃん。
初めてにしてはできたほうじゃん。

そういう気持ちにはこれっぽっちもなれない。

すっげー悔しい。くっそー
| 日記 | 16:55 | トラックバック:0 | コメント:0
ふゆのきもち
20080115221703
寒くて凍りそうな夜

学校帰り。

シガーロス聴きながら
自転車走らす。

寒いことにいつもは愚痴をこぼしてしまうんだけど、
今日はなんだか
シガーロスの音楽を聞いてるせいか、

寒さも優しいものに感じられる。

体の隅々まで染み込んでくる寒気が、
少し気持ちいい。

寒いのも悪くないと思わせてしまうシガーロス、すごい。
| 日記 | 22:17 | トラックバック:0 | コメント:0
Takeshi Kitano/HANA-BI
新年、あけましておめでとうございます。今更感たっぷりですが。

この前、学校の図書館でDVDを鑑賞して来ました。
新年初DVDです。(この時期、何でも新年初と言いたがる)

タイトルは、日記のタイトルどおり、北野武監督「HANA-BI」です。

前々から、北野作品は見よう見ようと思っても、ちょっと見るのに勇気がいるなぁと思ってしまって、ついつい見ていなかったので、
有名なやつから、見てみました。


結果。

予想外に、いい映画でした。

同じ構図のシーンが何回か繰り返されるのですが、それが回想とつながったり、
これからのストーリーの伏線になっていたりと、計算されて無駄のないシーン使い
に惚れました。

あとは・・・絵ですね。
主人公・西刑事の親友が下半身不随になって、絵を描き始めるんですが、
その絵がその場面の状況に呼応しているかのように場面ごとに出てくるのが
すごくよくて、印象に残るうえに、ますます情景の描写が鮮明になってくる。

しかも、あの絵、北野武本人が描いたんですってね。

特に、白い色で「雪」の字を幾重にも重ねて雪を表現して、その上に
「自決」と血文字で描かれていた絵が印象に残っています。

追記からは、ネタばれ含むので注意してください。
[Takeshi Kitano/HANA-BI]の続きを読む
| 映画 | 21:50 | トラックバック:0 | コメント:0
強力若本さま
かっこいいな
いい声です
癒されますよ

さぁさ聴いてみな

banner_450_100_a.jpg


かっこいいぜぇえええ~こぉれはぁ~


ついでに
スカシカシパンも!

29日はローソンへ急げだ!
| 脳内 | 21:58 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

YU氏

Author:YU氏
大学生の日記

...second-summer-of-love...

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

lastfm

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。