manatsu-no-yoru-no-yume.

S.S.O.L.

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
2007年のマイ音楽
20071231132143


今年買ったCDをとりあえず集めてみました。


写真上から、
[Mali Music]/Damon Albarn,Afel Bocoum,Toumani Oibate and friends
[Clap Your Hands Say Yeah]/Clap Your Hands Say Yeah
[The Very Best Of Diana Krall]/Diana Krall
[Towa Tei Best]/Tei Towa
[Stick Around For Joy]/The Sugarcubes
[Post]/Bjork
[Brother Sister]The Brand New Heavies
[Think Tank]/Blur
[Volta]/Bjork
[Homogenic]Bjork
[Vespertine]/Bjork
[Damon Days]/Gorillaz

今年は本当にBjorkの年でした。
私はまるととことんはまるので・・・。わかりやすすぎる。
そして、エレクトロニカやポストロックといったジャンルの音楽に
興味を持つようになりました。
そんで、軽音の影響もあって、ジャズ~クラブジャズ的なものに
興味。

2008年に入ってまず買うだろうCDは、もちろんマーズの新作。
来年はどんなCDを買うかな。楽しみです。

そして、重要なのは、意外と、買ったCDよりも、
人から借りたCDに影響を受けたりする事の方が多いということ。
来年も、いろんな人からCDを借りようwww(他力本願w)

そう、自分にとって意外だったのが、
Dream Theaterを最近借りたらすごくイイ!って感じたことでした。

そういえば、ビートルズのCDもでてましたね、2007年。
Loveってやつ。
最近借りて聴いたのですが、すごく上手い繋ぎをしていて
感動しました。「おおっ!この曲がくるの!?」って。


ワールドミュージックとかファンク、R&Bをもっと聴きたいこのごろ。
古典として、聴くべきな作品もしくはアーティストとかありますかね?
Sly & Family StoneとかFunkadelicとかかな。

とにかく、2008年は、「このジャンルならこのアーティストははずせない!」 っていう
のを少しずつ咀嚼していきたい次第です。
スポンサーサイト
| 音楽 | 13:21 | トラックバック:0 | コメント:0
音楽について
最近思うこと。

バンドみたいに、決まったメンバーで決まった音楽をやるのは、大変すばらしいことだと思う。

だけども、JazztronikとかThe Mars Voltaみたいな不定形の音楽団体?があってもいいと思うんだ。軽音楽部にも。
なんか、もっと自由に音楽をしたいとか思ったりします。

中心人物が二、三人いて、たまにゲストボーカルとかゲストパーカッションとかゲストコーラスとか入れたり

はたまた部活を越えて、
吹奏楽とか管弦楽団とか邦楽部の人をゲストに迎えちゃうとかさ

無理かな~。


とりあえず、何がしたいかっていうと、
もっと自由な感じの音楽がやりたいんだ。
抽象的でアレだけれども。

あとセッションもしてみたいんだ。
でも、自信ない・・・経験値ない・・・センスない気がする・・

ので、いつもセッション大会には行けずにいる・・・
でも、してみたいな・・・・

うーん
うーん
うーん
| 音楽 | 20:30 | トラックバック:0 | コメント:0
Goliath
The Mars Volta!!


新曲だ!
すごい!
すごいぞ!
ああああーライブいきたい!早く日本来て!
| 音楽 | 19:42 | トラックバック:0 | コメント:0
bjork-declare independence


これ分析したらおもしろそう。

bjorkの新作PV.
久しぶりのゴンドリーさんです。

女性と男性

軍服


うん、おもしろい記号がたくさんだ。
| 音楽 | 18:33 | トラックバック:0 | コメント:0
交渉人
13961048_79.jpg


一月からのドラマ・交渉人がたのしみすぐる。

あの「花ざかりの君たちへ」で神楽坂役ででてた
ハーフの人が出るってんだからもう大変だ。*ちゅうい:私はハーフ系が好き

いまさら気づいたけどかっこよすぎだー!うおおおおお

しかもそんなハーフで妖艶な雰囲気漂う彼の役どころは知的な死刑囚だとか!!!

そんで主人公の女刑事に惚れちゃうんだとか!!


いい!それいいよその設定!


たはー(´Д`*)タマラン
| 脳内 | 02:02 | トラックバック:0 | コメント:0
妹画伯
200712172315172
20071217231517
20071217231516
その1…サイバイマンらしい。

その2…ピッコロらしい。

その3…占いババらしい。
| 日記 | 23:15 | トラックバック:0 | コメント:0
思った
このまえゼミでミニュアチュールについて色々と考えました。
ジオラマやフィギュアは、ある特定の瞬間を切り取って
小さくした、永遠に時間が固まった世界を持っている。
だからそれを持っていれば、現実から離れてその世界に
入っていくことができる。これが、ミニュアチュールの悦びなのだと
「かわいい」論の著者四方田犬彦は言っています。


まぁ日記なので、硬いことは書きませんが、

私は本当に幼い頃からちいさいものが好きだったんだなぁと改めて思いましたね。
特に、小さいのだけれど、それが永遠にその状態でとどまっている。
瞬間を切り取ったような、「模型」っぽいものが好きだったようなのです。

まず、幼稚園の頃は、お絵かきが大好きだったんですが、
何を書いていたかというと、
空想の小さなお家の絵と、その中にある家具や調理具とか
細かい生活用品的なものまでちまちまと書いていたんです。

小学生にあがると、シルバニアファミリーに妹と一緒にはまり、
あらいぐまの家族の中でもっとも小さくかわいらしいあらいぐまの
赤ちゃんをアイドル化し、オリジナルグッズの構想まで練っていた。
このある特定のキャラクターに対する異常な偏愛ぶりは今に始まった
ことではなかったみたいだ。

そして、ハッピーセットが小学生のとき大好きで、マックに行ったら必ずハッピーセット。今でも小さい車とかフィギュアみたいのがとってある。あと食玩とか。


その名残のせいか、今でもまだ小さいものというか
フィギュアとかを集めてしまう傾向にあります。
ガチャポンは今でも好き。
この前も二回まわしてしまった。


止まんないねー、こればっかりは。
| 脳内 | 18:32 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

YU氏

Author:YU氏
大学生の日記

...second-summer-of-love...

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

lastfm

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。